固定資産税路線価と相続税路線価の違いと使い方


 

固定資産税と相続税の一番の違い

公示価格というものがあります。

一応、実勢価格ということになっています。

 

不動産鑑定士が売買取引事例を元に価格を評価するというもの。

不動産鑑定というのは実に微妙なものです。

 

例えば、マンションが地下鉄駅に近いなら価格が上がるでしょう。

逆に、マンションが管理がずさんだったりすれば下がる。

 

しかし、隣のマンションは管理がいいと上がる。

こういった要素は正直、なかなかひと目で確認はできません。

鑑定は、そういった要素も含めて評価をしているのですが。

 

“固定資産税路線価と相続税路線価の違いと使い方” の続きを読む

所有不動産の駐車場経営で注意する点とおかしな噂を信じない



 

持っている不動産を駐車場にしたい

どうせ、放置している土地だから駐車場にして貸したい。

このように思う人は多いと思います。

 

しかし、こういった発想で一番気になるのがこれまた税金です。

良い立地にある駐車場というのは、それなりニーズがあります。

細切れ地なら、いいのですが大きな農地を一気に雑種地(駐車場)とするなら考えた方がいいでしょう。

 

自分の土地だから大体の人は誰にも相談をしないでやってしまいそうですが、ざっくりでも固定資産税がどの程度になるのか役所に相談をしておきましょう。

“所有不動産の駐車場経営で注意する点とおかしな噂を信じない” の続きを読む

家賃を払う感覚でマンションを住宅ローンで購入したら得か、損か!忘れている税金と投資家の苦労



 

マンションを購入をしたい、家賃を払うなら

よく今家賃を8万、10万と払うなら、マンションを購入をした方がいいという話。

一見、合理的な話だと思うだろう。

実際に住めば、それで自分のものになるという。

 

しかし、本当にそれは合理的なのだろうか。

実はこういった買い方をして、苦労をしている人をよく見た。

特に途中で行き詰まり、税金を滞納する人もいます。

“家賃を払う感覚でマンションを住宅ローンで購入したら得か、損か!忘れている税金と投資家の苦労” の続きを読む

ミニ団地の私道が非課税となる要因と申請時に重要な話し合い



 

ミニ団地開発によりできた私道の取り扱い

大前提として、小さな市町村に行けば行くほどいい加減です。

最近は合併が相次ぎ、市町村が大きくなる傾向にあります。

 

それにより、固定資産税評価は厳しくなります。

最大の理由は、大きな市町村になれば例えば政令市ともなれば整合性が求められることです。

合併時にデタラメというか、なあなあな評価となっているものは何か動きがあれば変更をします。

 

しかし、動かしがたいものがり実務上それは黙認せざる負えない状況です。

私道に関してはこちらをご覧ください。

 

“ミニ団地の私道が非課税となる要因と申請時に重要な話し合い” の続きを読む

競売事件の物件に素人が手を出していいのだろうか?占有屋と呼ばれる人がいた昔との比較



 

昔の競売事件と今

占有屋という人たちがいました。

競売事件になった物件の中に住んで、立ち退き料を貰うという仕事でした。

 

今となっては懐かしいものですが、2003年に法律が改正をされた。

これにより、ほとんど聞くことがなくなったが別の方法で競売事件を妨害する方法も出てきています。

 

最終的にはイタチごっこだと言っていいです。

 

“競売事件の物件に素人が手を出していいのだろうか?占有屋と呼ばれる人がいた昔との比較” の続きを読む

現状の所有不動産の固定資産税を軽減・安くする方法はあるのか?利用状況を変更すること、現状の利用から考える



 

不動産を保有をしていて一番気になるのが固定資産税

詳しくはこちらにまとめているので、読んでみてください。

www.21goodinfo.com

ただ、現状の利用条件で安くなる要素があるものがあります。

これは意外に知られていないので、しっかりとチェックをしてみましょう。

 

“現状の所有不動産の固定資産税を軽減・安くする方法はあるのか?利用状況を変更すること、現状の利用から考える” の続きを読む

固定資産税の相談相手は誰がいいの?不動産鑑定士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・公認会計士どれだ



 

固定資産税の専門家とは誰か

固定資産税の土地評価の価格を決める上で一番重要な存在は不動産鑑定士です。

不動産鑑定士が標準地を評価したものがすべての数字の起点となっています。

 

その他に公認会計士や税理士の資格には税金関連だけに固定資産税が関連しています。

 

不動産登記に関する資格は司法書士・土地家屋調査士が該当をします。

では、誰が専門家と言えるのかと言えば各部分については専門家と言えます。

 

全体的に実務という意味では、固定資産税担当の担当官が専門家と言えます。

価格形成がそもそも売買実例などを参考にしている以上、鑑定士によって大きく変わることはありません。

そういった意味では、無料で相談ができるのは所有している不動産の担当役所に行くしかないです。

 

“固定資産税の相談相手は誰がいいの?不動産鑑定士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・公認会計士どれだ” の続きを読む

固定資産税を安く・節税をしたいと思っている方へ!どうやったらいいのか要素をまとめる



 

固定資産税に節税や安くなる方法があるのか

他の税金は控除などを使い安くすることができます。

しかし、固定資産税には控除というものはありません。

 

固定資産税を少しでも安いしたいという方に向けたお話をしていきます。

固定資産税を安くしたいという方は利用形態です。

 

この利用形態を考えていく必要があります。

例えば、山や田畑は税金が安いです。

特に農地は国策として安くしています。

しかし、この田畑もどこにあるのかということで大きく違ってきます。

“固定資産税を安く・節税をしたいと思っている方へ!どうやったらいいのか要素をまとめる” の続きを読む

固定資産税の評価は3年に1度 なぜ評価替えするのか、何をやっているのか



 

固定資産税は3年に1度の評価替え

昔、テレビタックルという番組を見ていてハマコーこと浜田幸一氏が毎年評価を替えろと発言をしていたことを思い出す。

 

役人は怠けているという話だったが、問題はそう簡単ではない。

固定資産税の評価には大体、まず現況確認、各各地の評価見直し、固定資産税路線価の付設がある。

 

面倒なのは路線価だ。

相続税路線価との整合性が重要で、すり合わせる。

通常は国税の方が強いのだが、固定資産税評価の方が全体的な評価を行っていることからお互いの調整という感じだ。

 

さらに、毎年ある所有権移転、登記、新築及び増築、家屋の取り壊し、利用状況。

こういったことも作業をしており、とても全部を1年1年でやるには膨大な作業となる。

“固定資産税の評価は3年に1度 なぜ評価替えするのか、何をやっているのか” の続きを読む

税金は自己破産後に免責にならない!固定資産税を含めて競売になっても安心ではない



 

固定資産税が競売になっても課税をされている事実

滞納をした、そうすると税金はチャラになると思っている人が多い。

しかし、そんなことないです。

 

不動産登記簿の所有者として登記をされている時点でそうなります。

賦課期日という、どの時点で課税をされるのかはこちらの記事をご覧ください。

自己破産をしても、税金だけは免責になりません。

知らなかい方が多いですが、どうやったらいいのか。

それについてしっかりと、確認をしてみましょう。

“税金は自己破産後に免責にならない!固定資産税を含めて競売になっても安心ではない” の続きを読む