固定資産税の家屋調査を拒否して価値があるのか!?よくある話



 

固定資産税の家屋調査を拒否

税金を払うもんかという人がいますね。

特に税務署に税務調査を頻繁にされて、怒っている人とか。

 

しかし、家屋調査には協力をした方がいいです。

その理由は、そもそも確認作業であって評価はそれほど変わりません。

固定資産税が高くなると思い込んでいる人もいるでしょうが、調査を受けないと外観課税となります。

 

その時に後日損をするのは家屋所有者かもしれません。

 

“固定資産税の家屋調査を拒否して価値があるのか!?よくある話” の続きを読む

3年毎の固定資産税評価替えは、どうやって調査をしているのか!?



 

東京などの都市部と地方では違う

東京などは航空図面で現状を把握をします。

こうやって調査をしているのです。

 

現状を調査をして、それをしっかりと把握をする。

毎年行っている業務とは別に評価替えの両方をやるので、忙しいのは事実です。

特に固定資産税路線価をつけることが結構大変な作業でもあります。

 

担当官は全筆を一応、見直をしをします。

現況や画地の評価方法など。

“3年毎の固定資産税評価替えは、どうやって調査をしているのか!?” の続きを読む

固定資産税の時効と役所が当初より強行になる時期と理由


 

税金の時効は5年

税の時効は5年です。

つまり、5年経過すると法的に消えることになります。

 

それならだんまりを決めて時効を待てばいいと思うでしょう。

軽率な判断をしないようにおすすめします。

 

市町村の税務部や税務署・国税局などはなんとしても時効を止めるために行動を起こします。

よって、時効が迫っているのに悠長に相談へ対応をしてくれません。

“固定資産税の時効と役所が当初より強行になる時期と理由” の続きを読む

固定資産税の税金滞納で起こること&自己破産をしても税金は免責にならないこと



 

税金滞納という重要な固定資産税への対応

所得税や住民税は所得に課税をします。

したがって、経費を引けば課税対象がゼロならゼロです。

 

では、所得税がゼロなら固定資産税はゼロかと言えばそうではない。

昔、うちの上司がよく言っていました。

「固定資産税は所得がなくてもかかる税金です」と。

 

不動産を持つリスクという一つにはコレがあります。

他には生活保護も受給が基本的にできません。

よっぽどのあばら屋で、資産価値がゼロなら大丈夫でしょうが資産を売却するように言われます。

持っていると日本でも他の国でもそれなりの社会的コストがかかるものです。

“固定資産税の税金滞納で起こること&自己破産をしても税金は免責にならないこと” の続きを読む

固定資産税路線価と相続税路線価の違いと使い方


 

固定資産税と相続税の一番の違い

公示価格というものがあります。

一応、実勢価格ということになっています。

 

不動産鑑定士が売買取引事例を元に価格を評価するというもの。

不動産鑑定というのは実に微妙なものです。

 

例えば、マンションが地下鉄駅に近いなら価格が上がるでしょう。

逆に、マンションが管理がずさんだったりすれば下がる。

 

しかし、隣のマンションは管理がいいと上がる。

こういった要素は正直、なかなかひと目で確認はできません。

鑑定は、そういった要素も含めて評価をしているのですが。

 

“固定資産税路線価と相続税路線価の違いと使い方” の続きを読む

ミニ団地の私道が非課税となる要因と申請時に重要な話し合い



 

ミニ団地開発によりできた私道の取り扱い

大前提として、小さな市町村に行けば行くほどいい加減です。

最近は合併が相次ぎ、市町村が大きくなる傾向にあります。

 

それにより、固定資産税評価は厳しくなります。

最大の理由は、大きな市町村になれば例えば政令市ともなれば整合性が求められることです。

合併時にデタラメというか、なあなあな評価となっているものは何か動きがあれば変更をします。

 

しかし、動かしがたいものがり実務上それは黙認せざる負えない状況です。

私道に関してはこちらをご覧ください。

 

“ミニ団地の私道が非課税となる要因と申請時に重要な話し合い” の続きを読む

固定資産税の相談相手は誰がいいの?不動産鑑定士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・公認会計士どれだ



 

固定資産税の専門家とは誰か

固定資産税の土地評価の価格を決める上で一番重要な存在は不動産鑑定士です。

不動産鑑定士が標準地を評価したものがすべての数字の起点となっています。

 

その他に公認会計士や税理士の資格には税金関連だけに固定資産税が関連しています。

 

不動産登記に関する資格は司法書士・土地家屋調査士が該当をします。

では、誰が専門家と言えるのかと言えば各部分については専門家と言えます。

 

全体的に実務という意味では、固定資産税担当の担当官が専門家と言えます。

価格形成がそもそも売買実例などを参考にしている以上、鑑定士によって大きく変わることはありません。

そういった意味では、無料で相談ができるのは所有している不動産の担当役所に行くしかないです。

 

“固定資産税の相談相手は誰がいいの?不動産鑑定士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・公認会計士どれだ” の続きを読む

無料相談ができる弁護士、行政書士、司法書士、税理士・会計士などを探す方法



 

不動産につきものの、法的な問題

大体、市町村・都道府県で行政相談というものを行っています。

無料で相談できるのですが、不思議なことに地方に行けばいくほど行列ができています。

 

理由としては都市部になれば、なるほど相談料というは当たり前となっている点があります。

逆に、そうではない地方では30分相談をして5000円というのは高いと思うわけです。

 

こういった理由から、大体朝8:30分の就業時間に一番最初に電話をした人から予約ができます。

東京などへ行くと、暇そうにしている行政書士が椅子に座って待っているところを良くみます。

“無料相談ができる弁護士、行政書士、司法書士、税理士・会計士などを探す方法” の続きを読む