現状の所有不動産の固定資産税を軽減・安くする方法はあるのか?利用状況を変更すること、現状の利用から考える



 

不動産を保有をしていて一番気になるのが固定資産税

詳しくはこちらにまとめているので、読んでみてください。

www.21goodinfo.com

ただ、現状の利用条件で安くなる要素があるものがあります。

これは意外に知られていないので、しっかりとチェックをしてみましょう。

 

“現状の所有不動産の固定資産税を軽減・安くする方法はあるのか?利用状況を変更すること、現状の利用から考える” の続きを読む

固定資産税を安く・節税をしたいと思っている方へ!どうやったらいいのか要素をまとめる



 

固定資産税に節税や安くなる方法があるのか

他の税金は控除などを使い安くすることができます。

しかし、固定資産税には控除というものはありません。

 

固定資産税を少しでも安いしたいという方に向けたお話をしていきます。

固定資産税を安くしたいという方は利用形態です。

 

この利用形態を考えていく必要があります。

例えば、山や田畑は税金が安いです。

特に農地は国策として安くしています。

しかし、この田畑もどこにあるのかということで大きく違ってきます。

“固定資産税を安く・節税をしたいと思っている方へ!どうやったらいいのか要素をまとめる” の続きを読む

固定資産税の評価は3年に1度 なぜ評価替えするのか、何をやっているのか



 

固定資産税は3年に1度の評価替え

昔、テレビタックルという番組を見ていてハマコーこと浜田幸一氏が毎年評価を替えろと発言をしていたことを思い出す。

 

役人は怠けているという話だったが、問題はそう簡単ではない。

固定資産税の評価には大体、まず現況確認、各各地の評価見直し、固定資産税路線価の付設がある。

 

面倒なのは路線価だ。

相続税路線価との整合性が重要で、すり合わせる。

通常は国税の方が強いのだが、固定資産税評価の方が全体的な評価を行っていることからお互いの調整という感じだ。

 

さらに、毎年ある所有権移転、登記、新築及び増築、家屋の取り壊し、利用状況。

こういったことも作業をしており、とても全部を1年1年でやるには膨大な作業となる。

“固定資産税の評価は3年に1度 なぜ評価替えするのか、何をやっているのか” の続きを読む

固定資産税の決定期日1月1日現在



 

固定資産税はいつが決めるのか

賦課期日と専門用語ではいいます。

登記簿に登記をされている所有者が各年1月1日に対して当該年度に課税をされます。

 

厳密には元旦に誰が持っているのかという移動はできません。

年末に最後に登記した時点での所有者に対するものとなります。

 

また、家屋も同じ。

新築家屋の場合は、元旦に建っているのか。

否か。

 

特に住宅軽減などの税金が少なくなることができます。

なので、大体年明けに家屋を壊して年末までに建てるようにできればベストです。

 

家屋を壊すのも年末に壊すくらいなら年明けに壊した方が若干税金が変わってきます。

“固定資産税の決定期日1月1日現在” の続きを読む