固定資産税評価額や相続税路線価による評価額は不動産投資に利用できるのか



 

あってないようなのが不動産価格

不動産業界において、本当に大雑把だなと思う社長が多かった。

そもそも、新規顧客の取り合いでリピーターという概念がないのような気がします。

 

不動産購入というのは投資をしている人でもそうそう何度も買うものではありません。

私も何度も賃貸で話をして、気分が悪くなるような担当に遭遇をしました。

 

一度、カギを貰って中を見せてそれで10万、20万ということもある不動産取引。

それを考えたら、1個売って100円という業界とは比べようがないアドバンテージがあるのですが・・・。

 

良いお店なら数度使ったことがあります。

そんな不動産業界を信用ができないと思い、自己責任で不動産価値を算定しようとしたとします。

 

その時に公の役所が評価をしたものが使えるのかどうか。

少し考えてみましょう。

“固定資産税評価額や相続税路線価による評価額は不動産投資に利用できるのか” の続きを読む