固定資産税と同時に併記されている都市計画税とは何か?



 

都市計画税とは何か

そもそも都市計画とは何かということになりますが。

都市計画法という法律があります。

簡単に言えば、地域によってこの整備するための法律があります。

 

建ぺい率や用途などが規定をされています。

都市計画には都市計画区域、調整区域、都市計画外区域。

このような感じで分かれています。

そして、この都市計画税が課税をされているのが都市計画区域です。

 

これがかからない地域があるのかと思った方もいるでしょうが。

基本的に、都市部でかかっていない地域は皆無だと思います。

 




 

都市計画税は都市部の整備税?

調整区域などはボットン便所などがある地域と言ってもいいかもしれません。

下水などの整備などにも費用がかかりす。

 

道路整備や公共施設の整備などに使われる目的税です。

固定資産税は純然たる、地方自治体の収入で一般税です。

 

代表的なのがガソリン税などでしょうか。

これも目的税です。

用途が決まっているということになります。

 

こういった税金に興味を持つ意味

どうせ、払うことなので無視という人も多いかもしれませんね。

確かにそうなのですが。

 

問題は、それだけではありません。

こういった税金はちょくちょく変わるものではないのですが・・・。

 

税金は巧妙にと言うと問題があると思いますが、徐々に色々と名目を付けてあげていくものです。

こういったことを考えても、納税者として確認をしておくべきです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です