固定資産税の時効と役所が当初より強行になる時期と理由


 

税金の時効は5年

税の時効は5年です。

つまり、5年経過すると法的に消えることになります。

 

それならだんまりを決めて時効を待てばいいと思うでしょう。

軽率な判断をしないようにおすすめします。

 

市町村の税務部や税務署・国税局などはなんとしても時効を止めるために行動を起こします。

よって、時効が迫っているのに悠長に相談へ対応をしてくれません。


 

時効を止めるために

5年経過しそうな税金に関しては100円でも納税をしてくれと言ってくるはずです。

その理由は納税を一度すると、時効が止まるからです。

つまり、リセットされて再度5年の徴収が可能となります。

 

そこで、分納という分割をして納付させることを提案をしてくるはずです。

そのことが一番大きなポイントとなります。

 

まず、差押え回避をしたいなら分納で少ない金額でもいいので納付することです。

不動産の場合は、特に致命的なダメージを受けることが多いので。

 

社会で信用失墜をすることが多い、金融系へのネガティブインフォメーションとなります。

 

最近の役所の動向

昔と今の大きな違い。

それは滞納特別班のようなものがあること。

 

コレに限ります。

固定資産税が多額に滞納をしている場合、特別班が執行を担当をします。

これらの仕事はストレスも高いですが、同時にそういった人しか相手をしていないので対応が厳しいです。

 

市町村により大体、この枠に入るのは滞納額が100万~500万を超えた人でしょう。

よって、放置をしていけばいくほど強行になるようになっています。

 

果たして、これを考えたら無視する人というのは結構怖いことだと思いませんか?



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です