固定資産税路線価と相続税路線価の違いと使い方


 

固定資産税と相続税の一番の違い

公示価格というものがあります。

一応、実勢価格ということになっています。

 

不動産鑑定士が売買取引事例を元に価格を評価するというもの。

不動産鑑定というのは実に微妙なものです。

 

例えば、マンションが地下鉄駅に近いなら価格が上がるでしょう。

逆に、マンションが管理がずさんだったりすれば下がる。

 

しかし、隣のマンションは管理がいいと上がる。

こういった要素は正直、なかなかひと目で確認はできません。

鑑定は、そういった要素も含めて評価をしているのですが。

 




 

各路線価の違いとは

固定資産税路線価は概ね、公示価格(実勢価格)の7割。

相続税路線価は8割。

 

このように言われていますし、実際に市町村と税務署はこの価格バランスを理解をしてすり合わせをしています。

 

問題点もあるのですが、相続税路線価は毎年評価をしている一方。

固定資産税は3年に一度の評価替えを行っています。

 

相続税路線価がある地域はほとんどが都市計画で都市計画区域で住宅地や商業地域がほとんどです。

税務署はこういった地域だけは独自に自分で評価をしています。

 

ただ、都市計画調整区域については固定資産税を参考に課税をしています。

そこで重要なのが相続税の土地評価もほとんどが固定資産税評価を参考として評価をしている点です。

なぜなら、固定資産税評価は地元の市町村が評価図面という公図でも、測量図でもない図面を持っており特に画地が複雑な場合は昔から保有をしている図面で評価をしているからです。

 

団地や区画整理をされた土地であれば、特に差異はないのですが混在している地域は複雑で測量図すらないこともあります。

よって、非常に重要だと言えます。

 

一度は固定資産税評価の中身をチェックしよう

昔から保有をしている土地を一度どうやって評価されているのか。

これをチェックをしましょう。

 

理由は簡単で、もしかしたら間違っていることもあるからです。

よくあるのが、山林をはじめとしたら山奥の土地。

税金が安いとは言え、やはり役所がどう評価をしているのかしっかりと見ておく必要があります。

 

あとは墓地など非課税地となっているものを保有していることもあります。

台帳にはあるのですが、課税対象となっていないので本人が知らないことがあります。

共有地がそれにあたります。

私道などもこれにあたり、下記記事のようなこともあることを覚えておくと良いでしょう。

www.21goodinfo.com



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です