家賃を払う感覚でマンションを住宅ローンで購入したら得か、損か!忘れている税金と投資家の苦労



 

マンションを購入をしたい、家賃を払うなら

よく今家賃を8万、10万と払うなら、マンションを購入をした方がいいという話。

一見、合理的な話だと思うだろう。

実際に住めば、それで自分のものになるという。

 

しかし、本当にそれは合理的なのだろうか。

実はこういった買い方をして、苦労をしている人をよく見た。

特に途中で行き詰まり、税金を滞納する人もいます。




 

投資効率と住居スペース

ざっくり、ローン返済を25年や30年とすることが多いかもしれません。

確かに25歳で購入をしたら、50歳の時には大体完済をしているでしょう。

 

考えることは2つ。

1 老後もずっと住むと考えて多少広いスペース

2 できるだけ新築か、ほぼ新築に近いマンションにする

 

これが実は間違いなんです。

 

まず、東京都や大阪府、横浜市などなら1LDKや2LDKになると相当高額となります。

都心なら、家賃は10万以上となるでしょう。

場所によっては20万を超えるかもしれません。

 

地方都市でもかなり高額だと思います。

 

そして、新築となると数千万はいくでしょう。

投資効率で考えると、住んで払ったとして30年で回収すると思うでしょう。

しかし、エアコン、内壁、上下水道の修繕、固定資産税など色々とコストがかかります。

結構、これが高いんですよね。

 

もう一つ、そもそもマンションが築30年になると売却額は相当安くなっています。

特にマンションは管理体制が重要で、これがずさんで例えば集合ポストがごちゃごちゃしていると価値が落ちます。

したがって、マンション管理費用も結構かかります。

 

これで割に合うのか?

 

税金を滞納する人もいるので購入は慎重に

大前提として投資家という視点で行けば、買った時点から価格が落ちない物件が望ましいわけです。

 

落ちない要素

1 中古マンションで築年数が相当経過をしている

2 マンションの立地が大通りなどの正面の路線価が高い物件

3 管理体制がかなり良い

4 回収期間ができれば10年~15年

 

こういった利回りがベストです。

 

特に重要なのが路線価が高いということ。

固定資産税も、不動産鑑定士も物件が面している路線価が高いことを評価基準としています。

 

利便性ももちろでしょうが、なんと言っても地震が来て倒壊をしたとして。

そのマンションの価値はほとんどが家屋部分であるのですから、残った土地が高いことが重要な要素となります。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です