現状の所有不動産の固定資産税を軽減・安くする方法はあるのか?利用状況を変更すること、現状の利用から考える



 

不動産を保有をしていて一番気になるのが固定資産税

詳しくはこちらにまとめているので、読んでみてください。

www.21goodinfo.com

ただ、現状の利用条件で安くなる要素があるものがあります。

これは意外に知られていないので、しっかりとチェックをしてみましょう。

 




 

私道が公共的に不特定多数に使われているケース

色々と利用されている土地で特にミニ団地と呼ばれるような場所は何世帯もの人が使っているケースがあります。

 

この世帯数は各自治体により規定がありますので、直接相談をしてみてください。

さて、土地持ちが大きな土地を売却をした場合にそこを開発をして画地を割ってから売るということがあります。

 

10、20軒と周辺に住宅を建てて売ることで一部の私道を共有地として利用者が保有することがあります。

役所は申請主義です。

 

申請主義とは申請をしてきて初めて、審査をするというものです。

ただ、この場合共有者全員の申請が必要で一人でも反対をした場合にアウトです。

これが実はややこしいのです。

近所の人の中に税金が非課税地となることを役所に取られると思っている人がいます。

 

実際の話

こういった土地は申請を受けて、審査をして上司の決済が受けられると判断をしたら申請を受理をして非課税地とします。

 

こういった私道は年数千円しかかかっていないことがほとんどですが、払いたくないという人が多いわけです。

ところが、これを勘違いをして自治体へ寄付すると勘違いしている年寄りがいます。

 

そうなって、全員一致で申請ができないことがありました。

こうやって、誤解からずっと課税が継続をされていることが多くあります。

 

ちなみに自治体が寄付受けをして道路を貰うけるというのは予算があり、できないことが多いです。

例えば、私道なら舗装や陥没は全部所有者が修繕する義務があります。

しかし、これが市町村道の場合は自体が修繕をしないといけません。

 

よって、条件を満たしていないような道路は寄付も受けません。

そうしないと、後日メンテ費用だけで相当なものとなるからです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です